フィナロ利用者の増加理由

ジェエリックで選ぶならキノリンイエロー無使用のフィナロが安全

フィナロは、有効成分フィナステリドを1mg配合しているプロペシアのジェネリック医薬品です。

製造メーカーは異なりますが、同一成分が安価で利用できるというメリットもあり、費用の負担を考慮したユーザーには重宝する製品となっています。

また、フィナロはキノリンイエロー無使用なので健康面の不安も有りません。

キノリンイエローというのは、タールが原料となっているコーティング剤の一種です。
タールには発がんの能性があるといった一部の情報もあり、健康を心配したユーザーは、プロペシアジェネリックを選ぶ際の判断材料の一つとして、キノリンイエローの使用有無を確認しています。

プロペシアジェネリックで最も人気の有ったフィンペシアは、2012年7月にキノリンイエローフリー製品の製造を終了し、以降製造されたフィンペシアには、キノリンイエローがコーティング剤として使用しています。

実際は、キノリンイエローによる発がんの関係性は正確には確認されていないものの、安全性も保証されていないので、万が一を考慮したユーザーは、フィナロへと切り替え始めている事で需要が高くなっているようです。

日本では、健康問題への懸念から、食品などへの利用は認可されていない成分ですが、アメリカ、ヨーロッパなどでは問題ない成分として許可され、キノリンイエローを使用しているフィンペシアを気にせず個人輸入しているユーザーも居るので、何とも言えない部分もあります。

いずれにしても、「ジェネリックにして費用を抑えたいが万が一の事も考慮して・・・」というなら、同一量のフィナステリドを配合し、キノリンイエローも使用していないフィナロが有力候補の一つとなってくれます。