ミノキシジルとの違い

フィナステリドとミノキシジルには脱毛防止と発毛の違いがある

AGAに効果的な成分として、代表的なフィナステリドとミノキシジルの違いについて、簡単にまとめておきました。

フィナステリド

フィナステリドの働きは、脱毛の抑制作用です。毛根を強くして脱毛を防ぐというものではなく、脱毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する事により、間接的に脱毛を防ぐ事が出来ます。

このような働きから、フィナステリドを用いたAGA対策は、ディフェンス治療とも言われています。あくまでも、目的は脱毛を防ぐ事です。また、医薬品としては、プロペシア、ジェネリック医薬品のフィンペシアやフィナロなどが製造販売されています。

プロペシアとジェネリック医薬品一覧

ミノキシジル

ミノキシジルを用いたAGA治療は、育毛をメインとしているのでオフェンス治療とも言われています。

これは、ミノキシジルの成分が毛根に刺激を与えて、血行を促すことで治療するからです。育毛には、十分な栄養を送るためにも十分な血流を確保する必要があり、ミノキシジルがこの働きを強化してくれるのです。

フィナステリドでは、男性ホルモンとの関わりがある事で、女性が使用しても脱毛を防ぐ事が出来ませんが、ミノキシジルは、ホルモンなどとは無関係なので、女性が使用する事でも効果を発揮してくれます。

ただし、妊娠中は成分が胎児に影響する恐れもあり制限されています。これは、フィナステリドも同様で、いずれも禁忌です。

ミノキシジルを配合した医薬品で有名なものはロゲインですが、他にも、国内で販売されている大正製薬のリアップ、また、女性用のリアップリジェンヌなどがあります。どれも、すぐに効果があるというものではなく、長期での塗布、もしくは、服用により効果が期待できます。

オフェンス治療で行くのか。それとも、ディフェンス治療で行くのか。どちらか片方を使用すべきか、それとも、両方を併用していくのか。症状の度合いにより選ぶべきですが、即効性ばかりに気を取られず、じっくりとトライする姿勢が大切です。